パソコン裏技


by pfvxhpmani

<容疑変更>被害者に配慮「強姦」に 大分県警(毎日新聞)

 大分市内で20代女性が性的暴行を受けけがをした事件で、大分県警大分南署が容疑者の男を、強姦(ごうかん)致傷容疑でなく、強姦容疑で逮捕・送検していたことが分かった。強姦致傷で立件すれば裁判員裁判の対象となるため、被害女性が不安を訴えていたという。被害者のプライバシー保護の立場から、同署はあえて強姦致傷での立件を見送った。

 同署は6日、同県杵築市、無職、半沢周二被告(37)=強制わいせつ罪で公判中=を強姦容疑で逮捕し、8日送検した。容疑は昨年9月4日、大分市内の路上を歩いていた同市内のアルバイトの20代女性の体を押さえつけ「騒ぐと殺すぞ」などと脅し、乱暴したとされる。女性は軽傷を負ったという。

 同署は強姦致傷容疑での立件を視野に捜査していたが、被害女性が「裁判員裁判になると、誰が裁判員になるか分からない。声や顔が分からないようにしてくれても不安がある」などと訴えた。

 被害女性は当初、告訴自体にも難色を示したが、同署の説得で先月、強姦容疑で告訴した。

 女性は裁判員裁判でなければ、最高刑が無期懲役となり、強姦より重い強姦致傷容疑による立件を望んでいたという。

 性犯罪の裁判員裁判では、プライバシーが保護されないことによる被害者の2次被害をどう防止するかが課題となっている。裁判では起訴状の朗読などに際し、被害者の実名や年齢を伏せるなどの配慮が各地でなされている。

【関連ニュース】
広島女児殺害:父親極刑求める 差し戻し控訴審
準強姦容疑:知的障害者に暴行、生活支援員を逮捕 千葉
児童福祉法違反:熊本の中学教諭逮捕 生徒にわいせつ行為
強制わいせつ罪:女子高生触る 警官を起訴、余罪も 福岡
闇サイト:監視強化へ「ネットハンター」新設…警視庁

売国的な法案許さない…平沼新党旗揚げ会見(読売新聞)
<毒ぶどう酒事件>惨劇の公民館すでに撤去(毎日新聞)
東京都荒川区役所の駐車場をタイムズとして運営へ(レスポンス)
鳩山首相、宇宙滞在の山崎さんに期待感(産経新聞)
<盗難>「船に乗れ!」作者のチェロ 都内の書店で(毎日新聞)
[PR]
by pfvxhpmani | 2010-04-12 17:30