パソコン裏技


by pfvxhpmani

<   2010年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 民主党の松本剛明衆院議院運営委員長は15日、衆院本会議を16日に開催し、所得税法改正案や地方税法改正案など10年度予算関連法案の趣旨説明と質疑を行うと職権で決めた。

 民主党は15日の議運委理事会で、自民党など野党が求めた石川知裕衆院議員の議員辞職勧告決議案の、「直近の本会議」での採決は拒否した。

 反発した自民党は16日午前、大島理森幹事長と川崎二郎国対委員長が本会議欠席を含め対応を協議する。【木下訓明】

【関連ニュース】
民主党:石川議員の離党承認
鳩山首相:小沢、石川氏に「説明義務」
石川衆院議員:離党「大変無念」落胆隠せず…帯広で会見
石川知裕議員:近く民主党を離党へ 党幹部に電話で伝える
鳩山首相:「党の判断ある」石川議員進退で

<漁船銃撃>船長2人を逮捕 位置情報示す衛星通信切る(毎日新聞)
法曹関係装い現金詐取 兵庫県警など 容疑で6人逮捕(産経新聞)
高速無料化のCO2影響試算=小沢環境相(時事通信)
入学者ゼロで新年度?兵庫の法科大学院(読売新聞)
<松坂牛の器>余ったヒノキで高級感アップ 三重県が開発へ(毎日新聞)
[PR]
by pfvxhpmani | 2010-02-16 05:34
 民主、社民、国民新3党の国対委員長は9日午前、国会内で会談し、2010年度予算案について、今月26日の衆院通過を目指すことで一致した。17、18両日に地方公聴会、24、25両日に分科会を開く方向で野党と折衝する。 

【関連ニュース】
2次補正予算が成立=「二番底」回避を期待
2次補正、28日に成立=与野党、10年度予算審議で攻防へ
2次補正が衆院通過=28日成立の公算

民主・石川衆院議員保釈、保証金1200万円(読売新聞)
小沢氏、首相と会談(時事通信)
「六甲山氷の祭典」開幕 幻想的な美しさ(産経新聞)
「咳うるさい」患者が患者に切りつけ…63歳無職男逮捕(スポーツ報知)
ひき逃げで小学生重傷=登校途中に−兵庫・芦屋(時事通信)
[PR]
by pfvxhpmani | 2010-02-15 02:02
 京都府舞鶴市の美術工芸業「舞鶴巧芸」が高さ80センチ、三層構造の金色オブジェを「天使のうんこ」のタイトルで展示している。「御利益があるかも」とうわさになり、店をのぞいてなでていく人も。

 不景気な世の中を笑いで元気づけようと、社長の田中光さん(60)と友人の稲岡博さん(60)が、別の作家がつくったオブジェに金ぱく150枚をはった。触れると金粉がつく。

 タイトルののぼりも作り、地元スーパーへの無料貸し出しも計画中。田中さんは「まさしく『運の固まり』。触って笑って不景気を吹き飛ばして」。【珍田礼一郎】

<JR京浜東北線>男性はねられ重体 ダイヤ乱れ3万人影響(毎日新聞)
森繁さん偲ぶ会 枚方市民ら1200人「知床旅情」合唱(毎日新聞)
石川衆院議員、辞職も離党もせず…記者会見(読売新聞)
<立春>各地でこの冬一番の冷え込み 都心で氷点下0.4度(毎日新聞)
<派遣法改正>通訳など専門26業務も 首相(毎日新聞)
[PR]
by pfvxhpmani | 2010-02-13 05:47
 北日本上空を氷点下約50度の非常に強い寒気が通過するため、7日明け方にかけ、北日本と北陸地方を中心に雪を伴った強い風が吹き、東日本の山沿いでは大雪になる見込み。

 気象庁は暴風雪や高波、大雪に警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、6日午後4時現在、群馬県では24時間の降雪量が70センチを超えたところがある。7日午後6時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多いところで群馬県で70センチ、長野県で60センチ、北海道・東北・北陸の各地方で50センチ、岐阜県で40センチとなっている。

 また、北陸地方と東北地方の日本海側では6日夜遅く、北海道では7日明け方にかけて、最大風速が18〜20メートルに達するという。この影響で、北日本の日本海側と北陸地方では波の高さが6メートルを超える大しけになると予想される。

胸に刃物刺さった死亡男性、自殺か(産経新聞)
少女2人にわいせつの疑い 巡査長を逮捕(産経新聞)
普天間移設「首相信じたい」=稲嶺名護市長が初登庁(時事通信)
首相動静(2月4日)(時事通信)
ブリーダー犬舎全焼、70匹焼死=奈良(時事通信)
[PR]
by pfvxhpmani | 2010-02-12 10:54
 ■矛盾追及、薄氷の捜査

 「証拠や供述の具体的内容は、お答えしかねる」

 埼玉県警東入間署での記者会見。1日午前、木嶋佳苗容疑者(35)の逮捕会見に臨んだ桜井雅彦捜査1課長は、緊張した面持ちでおもむろに切り出した。

 犯行動機や他殺と判断した理由など多くの質問に対し「具体的には話せない」「申し上げられない」などと明快な回答を避けた桜井1課長。会見終了後、ある捜査幹部は思わず「言えないことが多かったな。情けないよね」とこぼした。

 なぜ話せないのか。

 背景には、これまでの事件捜査で最重要視されてきた自白はもちろん、木嶋容疑者と、大出嘉之さん=当時(41)=の殺害とを結びつける直接的な証拠がなく、状況証拠のみで容疑を固めざるを得なかった捜査事情が垣間見える。

                   ◇

 昨年8月6日に大出さんの遺体が発見された当初から「事件性が高い」とみていた埼玉県警。同月中旬には、大出さんと交際していた木嶋容疑者を捜査線上に浮上させていた。

 捜査は水面下でひそかに進められた。が、まもなくその方針を変えざるを得ない状況が発生した。木嶋容疑者が埼玉県ふじみ野市の男性に接触、結婚話をちらつかせていることが分かったのだ。さらに急に金遣いが荒くなったことも判明。

 「また金をだまし取ろうとしているのではないか」。懸念した県警は9月上旬、木嶋容疑者に対し任意の事情聴取を行った。

 木嶋容疑者は落ち着いていた。大出さんの不審死を問われると、遺体発見前日に駐車場で一緒だったことは認めつつ「けんかして別れた。そのショックで自殺したのでは」と説明。行動確認のため、常に木嶋容疑者に張り付いていた捜査員には「これからあそこに行くの」と声を返す余裕さえあった。

 「相当、ずぶとかった」と捜査幹部。自供は期待できない−。県警がそう結論づけた9月中旬、木嶋容疑者は新たに結婚相手紹介サイトで男性(46)と知り合い、同居を始めた。「このままでは次の被害者が出る」。県警は9月25日、別の詐欺容疑で木嶋容疑者の逮捕に踏み切る。

                   ◇

 逮捕当初は渋々話をしていた木嶋容疑者。だが、10月下旬に弁護人が交代すると態度が一気に硬化した。自供はなく、殺害を示す決定的な証拠もない。立件へ向け県警に残された手法は「木嶋容疑者しか犯行をなし得なかった」ことを確実に立証することだった。

 県警は遺体から検出された睡眠導入剤の成分などから薬を摂取した時間を絞り込み、練炭に火が付いたとみられる時間帯はすでに昏睡(こんすい)状態だったと結論づけた。

 犯行に使われたレンタカーのカーナビゲーションシステムなども照合し、「けんか別れした」という木嶋容疑者の説明と矛盾点を探った。

 さらに、事件当日夜に現場近くから木嶋容疑者によく似た女がタクシーに乗り込んだことも確認。大出さんの遺体からは、木嶋容疑者が処方されていた睡眠導入剤と同じ成分を検出した。県警幹部は「総合的に判断して、木嶋容疑者以外が犯行を行うことは不可能と証明できる」と自信を見せる。

 ただ、疑惑はこれだけではない。木嶋容疑者の周辺では大出さん以外にも3人の男性が不審な死を遂げている。このうち2人は当初事件性がないと判断され、司法解剖をしていない。「大出さん事件は、最も立件しやすい事件だった」と話す捜査関係者もおり、残る疑惑の立件に困難なハードルが待ちかまえているのも事実だ。

 「埼玉で殺人容疑で逮捕された以上、木嶋容疑者は逃げない。焦る必要はない」。木嶋容疑者が訪問ヘルパーをしていた千葉県野田市の安藤健三さん=当時(80)=の不審死の立件を視野に捜査している千葉県警の幹部は、こう話している。

                   ◇

 連載は西尾美穂子、行場竹彦、清作左、豊吉広英、今村義丈が担当しました。

知り合って1カ月で消費=男性から詐取の470万円−木嶋容疑者・埼玉県警(時事通信)
<子ども手当>首相「公約通りに」満額支給 衆院本会議答弁(毎日新聞)
作家、詩人の川崎彰彦氏死去(時事通信)
橋下知事メルマガ100号 登録者数、全国トップ(産経新聞)
別姓法案提出へ亀井氏説得=千葉法相(時事通信)
[PR]
by pfvxhpmani | 2010-02-11 05:52
 日本相撲協会は4日午前、東京・両国国技館で理事会を開き、大相撲の横綱・朝青龍関(29)に理事会への出席を求めた。師匠の高砂親方(元大関朝潮)と朝青龍関が午後から再開された理事会に出席した。

【写真特集】入門、昇進、そして・・・ 朝青龍、波乱の足跡

 朝青龍関は大相撲初場所(東京・両国国技館)開催中の1月16日未明、東京都内で酒に酔って、飲食店で働く知人男性とトラブルを起こしたとされる。

 相撲協会に設置した調査委員会(友綱委員長)は2日に朝青龍関の個人マネジャーと車の運転手から事情を聴いたが、朝青龍関が暴行した事実は確認できなかった。理事会では、朝青龍関に事実関係の報告を求めるとみられる。

 午後からは横綱審議委員会も臨時会合を予定している。【大矢伸一】

【関連ニュース】
社説:またか朝青龍 厳正さ試される新体制
日本相撲協会:朝青龍を厳重注意 知人突き飛ばしで
大相撲:朝青龍調査委員会は大甘! あいまいな証言追及せず
朝青龍暴行問題:「被害届出さない」示談書 警視庁に提出

外相の「継続使用」発言批判=普天間移設、首相と不一致−社、国(時事通信)
橋下知事「命かけ伊丹空港に反対。国交相は理念ない」(産経新聞)
知り合って1カ月で消費=男性から詐取の470万円−木嶋容疑者・埼玉県警(時事通信)
<文化審議会>委員20人決まる(毎日新聞)
山梨市長選 竹越久高氏が無投票初当選(毎日新聞)
[PR]
by pfvxhpmani | 2010-02-10 06:12
 「ボーン・上田記念国際記者賞」選考委員会は8日、09年度は「該当者なし」と決定した。同賞は1950年に創設され、優れた国際報道活動によって国際理解に貢献したジャーナリストに贈られる。該当者がいなかったのは2000年度以来。

<陸山会事件>民主党内からも批判(毎日新聞)
首都圏連続不審死 「背もたれ傾き」端緒 自殺から事件に(毎日新聞)
「本命外し」談合組織へ指示=ゼネコン側、妨害恐れ献金−東北工事で小沢事務所(時事通信)
3パターンで検討 温室効果ガス削減で環境相(産経新聞)
日本海側大雪で夜行列車上下12本運休(産経新聞)
[PR]
by pfvxhpmani | 2010-02-09 11:59
 NHKは1日、女性に下半身を露出したとして、公然わいせつ容疑で、営業局新宿営業センターの山下寛職員(52)が逮捕されたと発表した。
 警視庁品川署によると、容疑を認めており、同日夜に処分保留のまま釈放した。事件当時、酒に酔っていたという。
 逮捕容疑は昨年12月4日午後10時ごろ、東京都品川区の東品川海上公園内で、歩いていた20代の女性に、前方から下半身を露出した状態で近づき、通り過ぎた疑い。
 NHK広報部によると、同職員は勤務を終えて帰宅する途中だった。 

【関連ニュース】
わいせつ殺人、起訴内容認める=裁判員裁判で43歳男
篠山紀信氏を書類送検=公然わいせつ容疑、モデル2人も
篠山紀信さん違法性認める=公然わいせつ容疑で書類送検へ
篠山紀信さん書類送検へ=公然わいせつ容疑
選任手続き、手話通訳付けず=裁判員候補者の要望見落とす

<新幹線事故>切れた吊架線、85年以降交換せず 老朽化か(毎日新聞)
人を大切にする医療システムを(医療介護CBニュース)
CBC、やらせの街頭取材「通行人」は関係者(読売新聞)
<地震>石川・輪島で震度4=午後7時33分(毎日新聞)
木嶋容疑者、勾留尋問へ カーディガン被り表情隠す(産経新聞)
[PR]
by pfvxhpmani | 2010-02-08 18:40
 政府は5日夕の閣議で、外務省が外交機密費(報償費)の一部を首相官邸に「上納」していたことを認める答弁書を決定した。鈴木宗男衆院議員(新党大地)の質問主意書に答えた。政府はこれまで、「上納」を否定してきた。
 岡田克也外相はこの後の記者会見で、「上納」の違法性を否定したが、「望ましくはない」との認識を表明した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏を不起訴〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

インフル患者、8週ぶり増加=週48万人、ほとんど新型−感染研(時事通信)
「マネ辞任幕引き」「解雇で訴訟」 朝青龍事件乱れ飛ぶ怪情報(J-CASTニュース)
トヨタの信頼回復を支援=岡田外相(時事通信)
羽生が勝ち1勝1敗=将棋王将戦(時事通信)
「子の奪取に関する条約」日本の早期加盟要請(読売新聞)
[PR]
by pfvxhpmani | 2010-02-07 19:28
 埼玉県や千葉県の男性が不審死した事件で、会社員大出嘉之さん=当時(41)=を殺害したとして再逮捕された無職木嶋佳苗容疑者(35)が、知り合って間もない大出さんから詐取した約470万円を1カ月ほどの短期間で使い切っていたことが4日、捜査関係者への取材で分かった。
 大出さんが死亡した昨年8月、木嶋容疑者は高層マンションに引っ越し、家財道具を買いそろえていた。埼玉県警東入間署捜査本部は、同容疑者が引っ越し費用をだまし取る目的を果たし、大出さんを殺害した疑いがあるとみて調べている。 

【関連ニュース】
結婚詐欺 連続不審死事件
金無心の送信メール削除=木嶋容疑者、証拠隠滅か
すり鉢に睡眠剤、2遺体と一致=実家に送付、押収
カーナビに事件現場登録=月決め駐車場を行き先に
財布の残金は数千円=木嶋容疑者が抜き取りか

<臨時接種>規定見直しへ 新型感染症に備え(毎日新聞)
母親死亡、遺体を自宅に半年間放置…息子逮捕(読売新聞)
財布の残金は数千円=木嶋容疑者が抜き取りか−連続不審死・埼玉(時事通信)
介護疲れ夫刺殺、妻に実刑=裁判員「もっと国支援を」−福島地裁支部(時事通信)
「投票になったら負ける」前副知事が説得工作(読売新聞)
[PR]
by pfvxhpmani | 2010-02-06 23:11